LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2012.12.11 Tuesdayに書かれたものです。
こんにちはurly's!店員のTammyです
ブログ、お久しぶりですね〜。

最近店舗でもVintage Vibe Tine Pianoに関するご質問を頂く機会が増えました
皆様がTine Piano興味を持って下さり、大変嬉しいです


きっとなかには「遠くて直接お店にいけない!」「色々聞きたいのだけど時間がない!」
なんて方も多いのでは?と思います。

そこで・・・誰もが感じる
Tine Pianoの素朴な疑問・質問にお答えする
店でよく見掛ける【Tine Pianoあるある】(Q&A編)をお送りします
Tine Pianoを知らない人も知っている人も、参考になればこりゃ幸いです



エレクトリックピアノと電子ピアノって何が違うの?

音を出す仕組みが違います。

解説:エレクトリックピアノ(電気ピアノ)は、金属棒や鉄製のリードなどを
ハンマーで叩き、その振動をピックアップで拾い、アンプで増幅して音を出します。
電子ピアノは、物理的にモノを振動させるのではなく、電子回路によって音を作り出し、
鍵盤を押す事でその音を選択し音を出します。



Tine Pianoって他のエレクトリックピアノとどう違うの?

プレイヤーが求めてきたものが詰まった、次世代エレクトリックピアノです。

解説:エレクトリックピアノで代表的な「Rhodes」「Wurlitzer」。
Vintage VIbe Tine Pianoは、Fender Rhodesの発音方式・鍵盤アクションを
採用。またsuitcaseタイプにあるような音の揺らぎ(tremoro)機能搭載。
ペダル動作や内部パーツには新方式や工夫を盛り込んで軽量化。
なんと大きさは
Wurlitzer200Aと同等サイズ!可搬性がよくなりました。


楽器を製造しているVintage Vibe社って、どんな業者?

アメリカにある、エレクトリックピアノのリペア・メンテナンスの専門業者です。

解説:アメリカマンハッタンから西に車で約1時間のニュージャージー州Rockwayに
位置する、ヴィンテージ・エレクトリック・ピアノのリペアやメンテナンス、補修用パーツの
製造に長年携わってきた業者です。オーナーのChris Carroll氏は1990年代から
このビジネスをスタート。
顧客には、Bruce Springsteen,Chicago,Stevie Wonder,Joe Sampleなどの
スーパースターやニューヨークのセッション・ミュージシャンが多数います。


保証はつきますか?また、故障した場合に修理は可能なものですか?

保証期間は3ヶ月です。修理は可能ですよ。

解説:保証期間内の不具合は無償で修理します。(※送料は別途かかります)
当店には専属のリペアマンがおりますので、安心してお使い頂けます。


チューニングは定期的にお願いすべきですか?いくらかかりますか?

はい。目安は1年半〜2年程度です。チューニング作業は1回14,000円〜です。

解説:厳密には使用頻度や弾かれる方の癖、また使用用途(ライブ?レコーディング?)や
演奏される編成(ソロ?バンド?)など、状況によってチューニングすべき時は異なりますが
趣味などで使用される程度でしたら、目安は1年半〜2年で再度チューニングされる事を
おすすめします。

当店では、ご自身でチューニングが出来るようになれる「チューニングセミナー」なども店舗で
定期的に実施しておりますので、ご興味ある方は是非ご参加頂けたらと思います。


結構重い?場所取る?

ご希望や用途に合った鍵盤数のものをご選択頂けます。
【44keys】W72僉D54.5僉H86僉18kg
【64keys】W105僉D54.5僉H86僉24kg
【73keys】W113僉D54.5僉H86僉27.5kg
※重さは本体のみ

解説:Rhodesと同様で、1音1音に「鉄の棒」+「鉄の板(音叉のようなもの)」がある
発音構造のため多少の重さはありますがTine Pianoは独自の方式で軽量化!
場所の問題や可搬性を必要とするケースには44Keysもございます。こちらは女性でも
一人で持ち歩けるサイズ・重さですのでとっても便利です。


デジタルシンセや音源のエレピとどう違うの?

本物にしか表すことが出来ない表現力がたくさんあります。

解説:デジタル音源として再現されているサウンドでは再現しきれない表現がたくさんあります。音の揺らぎや立体感、強く弾いた時の歪み具合など…本物ならではの表現力がたくさんあります。まだ本物を体感したことがない方、一度体感してしまうと虜になってしまいますよ!


ライブやステージで使用したいけど、向いてる?

はい!向いていると思います!

解説:ヴィンテージのエレクトリックピアノを想わせる、個性的で存在感のある音色は
ステージで大いに活躍してくれる、良い相棒になってくれるハズ。
脚はWurlitzerと同様で簡単に取り外しが可能で、本体の重さは18〜27.5kg(鍵盤数に
よって異なります)ですので、生ピアノ200〜300kg以上、電子ピアノ40〜80kg程度に
比べるとステージピアノとして移動しやすくなっています。
トップカバーのカラーバリエーションも多く、スパークル〜シック〜カラフルなものまで多彩。
カバーのみの販売もしているので、ステージに合わせてイメージチェンジも気軽に出来ます!


『もっとTine Pianoを知りたい』という方、特設ページもチェックしてみて下さい


宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : 
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10