スタッフブログ

アーティスト研究〜Joe Sample(ジョー・サンプル)〜レポート

こんにちはurly's!店員のTammyです

今日は1//27(日)に行われました
『アーティスト研究〜Joe Sample(ジョー・サンプル)〜』のセミナーレポートをお送りします

講師はお馴染みの、別所和洋氏
エレピ講師やアーティスト活動でお忙しい中、実施して下さいました。

ジョー・サンプルといえば、やっぱりクルセイダーズ
今回は「Street life」を題材に、ジョーのソロパートを徹底分析



「Street life」のソロパートを3種類取り上げ、同じコード進行でどのようにフレーズを弾いているのか、比較しながら研究していきます。
まずは音源を聴きながら、譜面で確認



ソロパートを1フレーズずつ事細かに分解・分析し、その意図を探っていきます。
取り上げたソロパートは3種類それぞれ時期が違うため、その時々のジョーの新しさが垣間見え、
『この時期はこのようなアプローチが彼の中で重要とされていた』というものが見えてきました



セミナーが進むにつれ、話はどんどん深〜くなっていきます
転調のポイントや、クロマチックスケールの上手な使い方、ターゲットノートを意識したアレンジ、
リズムの遊び方、早いパッセージの弾き方、基礎練習の仕方、手癖としてもっておくと良いフレーズ
などなど。。。書ききれない


別所氏の『フレーズは単に丸覚えするのではなく、そこから自分なりに遊びをつけてフレーズを作り、練習し使っていく事が大事』という言葉に納得
フレーズ作りが苦手な方は、まず形を1つ決めて、その形を覚えて、さらに分解して、練習するのが
コツとの事です



セミナー終了後、休憩挟んで公開レッスン開始

自作曲のアレンジ相談や、オクターブを駆け下りるフレーズのコツ、ソロ回しの際の作りこみ方など
の質問が出て、参加者同士でも意見を交わしつつ、別所氏が助言を挟みながら進んでいきました。
参加者の皆様にとっては、双方向の学びの場になったようです


最後に別所氏に即興で1曲弾いて頂き(その場で作りながら弾いて下さいましたすごい)、
セミナーは無事終了。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました

次回はダニー・ハサウェイの楽曲を研究予定お楽しみに


宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/


この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事を検索