スタッフブログ

新商品 Arturia Micro Bruteについて熱く。

こんにちは!
Wurly's!スタッフのヤナギダです。

本日は、11月8日に発売予定の新商品、

Arturia  Micro Brute を紹介いたします!

ご予約はこちら
http://miyajikanda.shop-pro.jp/?pid=65904137


まだ店頭には到着していないのですが、
先日デモ機を試奏させて頂きましたのでその感想をじっくりと…。

IMG_0390.jpg

こちらがその実機です。
Mini Bruteもその機能性と音の厚みから考えるとかなり小さなサイズだと思っていたのですが、
こちらはそれ以上にコンパクトで、シンプルな作りです。

どれくらい小さいかというと

IMG_0383.jpg

このくらい!
だいたい2/3くらいの大きさになったという感じです。

では実際になにが変わっているのかチェックしていきましょう。


■主な仕様
・100%アナログの信号経路
・25鍵ミニキーボード
・Steiner-Parkerマルチモードフィルター(LP/BP/HP)
-バイポーラフィルターENV.Amountコントロール
 -Keyboard Trackingコントロール
・Brute Factorコントロール:サチュレーションとリッチな倍音
・ボルテージコントロールドオシレーター(DCOではありません)
・オシレーターミキサーコントロール(Overtone, Saw, Triangle, Square)
・オシレーターウェイブシェーパーコントロール
(Ultrasaw, pulse width,Metalizer)
・Overtoneジェネレーターコントロール
 -1オクターブダウンと5度アップ
 -1オクターブダウンから5度アップのMIXバランス
・LFO:3種類のウェイブフォーム(Saw, Triangle & Square)
 -フリークエンシーレンジ:1Hz to 200Hz
 -外部入力ソースおよびシーケンサーセクションとの同期
・ADSR ENVELOPEジェネレーターコントロール
・VCA (GATE and ENVモード)
・Mod Matrixセクション(1V/Oct.)
-Envelope & LFOパッチアウト
 -Ultrasaw, pulse width, Metalizer, Overtone/Sub,パッチイン
・外部オーディオイン(w/インプットレベルコントロール)
・CV/Gateインターフェイス:Pitch Out, Gate Out & Gate In
・MIDIインプット
・USB2.0 MIDIイン/アウト
・Step Sequencer: Rateコントロール/Tapテンポボタン
- Play-Off-Record
- ストア可能な8シーケンスコントロール(外部MIDIクロックに同期可能)
・フロントパネルに4基のフェーダーと20個のノブ
・ラインアウトとヘッドフォーンアウト

まずはコントロール部分。


IMG_0386.jpg

これがその全体図。
左上から
オシレーター、フィルター、パッチとボリューム、
Glide、LFO、エンベロープ、シーケンサー

大きな特徴は、
パッチによる操作とフィルターのエッジの良さ だと感じました。

IMG_0385.jpg

パッチによる操作とは、
EnvelopeとLFOを
Pitchにかけるのか、Filterにかけるのか、

それをパッチングすることで決める事が出来ます。
これにより回路がよりシンプルにすることが出来ます。




更に感じたのがフィルターのエッジの良さです。
かなりキレが良くかかります。
Mini Bruteのフィルターもかなりエッジが効いていたのですが、
それに匹敵するくらい、ひょっとすると同等以上のキレかもしれません。
この辺りは、
店頭展示品が到着した時にさらにじっくりと検証していきたい部分です。


IMG_0387.jpg

出音の印象は、かなり図太いです。
パンチングの採用と回路のシンプル化により、

複雑な回路を使う事で発生しがちな
「一枚、幕が掛ったような出音感」を取っ払い、
更に一歩前から音が出てきているような臨場感を感じられます。

この出音の臨場感と迫力は他のシンセサイザーではなかなか味わう事が出来ない感覚だと思います。
是非チェックしてみて下さい。

更に、
今回Mini Bruteにはない、新たな機能が追加されています。

それが ステップシーケンサー の機能です。
少しだけいじってみましたが、この出音の迫力でシーケンスを組めるのは、正直驚きです。
時間の関係でほんのちょっとしか使用で出来ませんでしたが、
この機能は本当に面白いです。

このシーケンサーの機能により、
今までのシンセサイザーの「いじり倒す」のさらに先の感覚を味わう事が出来るのではないかと期待しています。


IMG_0388.jpg


短い時間ではありましたが、デモ機を演奏することが出来たのでその感想をお伝えさせて頂きました。

ご予約はこちら

http://miyajikanda.shop-pro.jp/?pid=65904137



11月8日発売予定、
店頭にも同日に展示予定!Mini Bruteとの比較試奏も堪能できる予定です。

是非、お楽しみに!






 
中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで
宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : 
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム

https://www.miyajimusic.com/form/PCForm_cojp.php?a=81&j=FJ_N_wurlys








 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事を検索