LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2013.11.05 Tuesdayに書かれたものです。
こんにちは。
スタッフのヤナギダです。めっきり秋も深まり、冬の足音がちょっとずつ近づいているのでしょうか。
北国出身の私にとってはちょっぴり待ち遠しくしていた兆しです。


さて、久しぶりにFender Rhodesについてお話をしていきましょう。
店頭にて一台、その姿を確認出来ます。

CIMG4971.jpg

Fender Rhodes Stage Mark1 73keys 
¥248,000-

ストックリストはこちら
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/item/item_detail.php?a=730110

立派な佇まいです。


Fender Rhodesがシルバートップからこの姿になったのは
1969年の最後期、おおよそ1970年と言われています。
そこから1974年まで、Rhodesピアノの創世記のモデルとして、今でも愛されているモデルです。


CIMG4972.jpg

Stage Pianoですとこの部分に Volume や Bass Boost といった印字がされているパネルがあるのですが、
この一台にはありません。

そう、このモデルは1973年の前期製造。
このころまでのFender Rhodesにはこのようなパネルがなく。まっさらなフロントパネルなのです。
見た目だけではありません。
後のRhodes期のStageと実は内部の配線が微妙に異なり、ノブの役割も変わってきます。
このFender Rhodes StageのノブはBass Boost ではなく”Tone”
Rhodes期のベース部分のブーストを司っているのではなく、
サウンド全体がブーストし、全体を太く力強くする効果を持っているのがFender Rhodes。
微妙な役割ではありますが、
ノブを半分ほど回した時のサウンドはRhodes期のものとは全く異なります。
さらに、目いっぱいにノブを回した時の低高音域の歪みと中音域の音の太さは
やはりFender Rhodesが別格なように感じます。

CIMG4974.jpg

キートップは一見するとプラスティック鍵盤ですが、
鍵盤の木製部分全体をプラスティックで覆っている”フルスカート”のモデル。
この鍵盤のモデルは、構造上どのRhodesピアノと比べても重たく感じる鍵盤タッチになっています。

このように聞いてしまうと、「重たくて嫌な奴!!」と思ってしまいそうですが、
そんなことはないんです。
この鍵盤の重さは感情表現の代償でもあります。

Rhodesピアノはその構造上、鍵盤タッチを軽くすために、
少ない力でもハンマーが力強く上がるような構造になりました。
そのため、優しいタッチでもローズのサウンドを力強く表現してくれるようになりましたが、
強弱記号の「p」のような優しく繊細なタッチを演奏する事が少し苦手な楽器でもあるのです。

ですがこのフルスカートの鍵盤は、
重たいタッチではありますが、優しく繊細なサウンドから
ファンキーなサウンドまで、一台でさまざまな表情を見せてくれる楽器です。
その表現の幅はアコースティックピアノにも負けないほどです。
それがこのピアノの魅力でもあります。

CIMG4973.jpg

正面のロゴはFender Rhodes。
このロゴがかっこよくて好きな方も多いですよね。
私もその一人です。

CIMG4976.jpg

内部は まさしく! といった具合です。

Fender Rhodes期のサウンドの違いをつくっている要因の一つがハンマーチップ。
Rhodes期に多くみられる台形型で先がとがっているものとは違い、
正方形で打面が広いハンマーチップが使用されているのもFender Rhodesの特徴。

この打面のひろいハンマーチップが独特の歪みを生み出している要因の一つ。
同時に優しく弾いた時の丸みを帯びたサウンドもこのハンマーチップのおかげです。

全ての構造がつながり、リンクすることで、初めてこのサウンドが誕生します。
奇跡に近いですよね。

いまなら店頭でゆっくりと堪能できます。
どのRhodesサウンドも素晴らしいですが、Fender Rhodesもまた格別なサウンドの一つです。
是非、ごゆっくりと。

 
 


中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで
宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : 
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム

https://www.miyajimusic.com/form/PCForm_cojp.php?a=81&j=FJ_N_wurlys











 
お問い合わせフォーム






  • MMS
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10