LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2014.01.20 Mondayに書かれたものです。
こんにちは!
Wurly's!スタッフのヤナギダです。

先日、18日(土)に開催されました、ピアニスト村松健さんによる
マルチキーボーティストへの道!
〜Acoustic Piano アンサンブル編〜

こちらのレポートを行っていきたいと思います。

いつものようにゆったりとした時間の中、スタートした今回のセミナー。
受講者の皆様が何を勉強したいのか という問いかけから始まりました。

1.jpg

いろいろなご質問を頂き、その一つ一つに答えて下さるにあたって、
まず必要なのは、

ピアノという楽器の構造を理解しなければならない。

とおっしゃい、ピアノという楽器の発音機構から、ピアノならではの特徴、
エレクトリックピアノとの違い、
そして、それらをすべて統合したうえで、どのような演奏技法が必要なのかを事細かに解説して頂きました。


そして、アンサンブルへ溶け込んでいくためのアレンジの話へと進んでいきます。

今回、題材となった楽曲は Carole King の It's too late.  。
このコード進行を使用して、ジャンルによってどのようにアレンジが変わっていくのか、
ペダルの使い方や左手のベースの取り方などを、
ベーシストの安藤さんも交えながらお話を進めていきました。

3.jpg4.jpg

途中、エレクトリックピアノとの違いや、テンションの乗せ方で響きがどのように変わっていくのかを、
実演も交えて解説をして下さいました。


7.jpg

そして最後はお二人による演奏をお聞かせいただきました。

終始、ゆったりとした時間の中で進んでいったセミナーだったのですが、
気が付くととてもたくさんの事を解説頂いた、貴重な時間となりました。

エレクトリックピアノとアコースティックピアノは
同じ鍵盤楽器でもお互い、特別な特徴を持った楽器だという事を改めて感じる時間でした。

次回の村松さんによるセミナーは6月に開催予定です!
続報をお楽しみに!







 
お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10