LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
 こんにちは。

シリーズとして展開をしておりますアナログシンセのイロハ!
本日はエンベロープ編その2。EGをVCFにかけていきましょう。

まず、おさらいをしておきたいのは、エンベロープ・ジェネレーターとは何者なのか。

EGとは
流れる電気信号に時間的な変化を与えてあげる機関のことです。
このEGのおかげで
Gateの信号に時間的な変化を与え、シンセサイザーのそれぞれの効果の効き目を変化させていきます。

ではVCFにかけていくとどうなるのか。
VCFが司る「音質」が時間的な変化をしていくのです。

では具体的にどうなっていくのか。

まずはVCFのカットオフ(Cut Off Frequency)にかけるとどうなるのかを見ていきましょう。

○EGの図

スライド2.jpg
◯VCFのCut Off FrequencyにEGをかける。


○基本の図
スライド2.jpg
こちらが基本の図として使用するLPFの図です。
赤い線で引かれた部分にCut Off Frequencyを設定した状態でEGをかけていきましょう。
EGの図と比較しながら考えていくとややこしくなってきてしまうので、
少し切り離して考えていきましょう。


スライド1.jpg


このように、Cut Off Frequencyの値に時間的変化を与え、
VCFの効果を変化させていきます。
言い方を変えてみれば、
伸ばした音の中でVCFの効き方、音色が変わるのです。



◯VCFのResonanceにEGをかける。

○基本の図

スライド4.jpg
こちらがResonanceの基本の図。
この赤いやじるしで欠かれているResonanceの値がどのように変化するのかと言いますと・・・

スライド5.jpg
このようにResonanceによって作り出される山の大きさを時間とともに変えていくことができます。

例えば、これによって伸ばした音の中の途中から発振をさせることなどもできるかもしれませんね。


ここで一つ、疑問に鳴ることがあります。
このAttackで持ち上げられる「最高到達点」はどのように決めるのか。
それが、「Env. Amount」です。

スライド3.jpg
Cut Off Frequencyを例にしてみてみましょう。
Env. Amountのを小さくして上げることによって、
最高到達点が変わります。
つまり、最高到達点でのCut Off Frequencyの値が変わるため、
AttackでどこまでVCFを効かせてあげるべきなのかをコントロールすることができるのです。

VCFは音色を司る部分ではあります。
シンセサイザーはそのまま出力してしまうと時間的な変化を作ることができませんので、
EGを使うことで、伸ばした音に動きを付けて上げます。
このEGを巧みに使いこなすことによって、
シンセの音作りが飛躍的に大きくなるのです。

これを踏まえてYAMAHA CS-15を見てみましょう。

EG

VCF

VCF.jpg

(EG DEPTHがEnv. Amountにあたります)
VCFの写真の右下にある"EG2-"というスイッチはEGの逆相を当てることができるということです。


音を言葉にして説明することは難しいですね。。。

次回はLFOを解説していきます。


お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10