スタッフブログ

【Mellotron M400Sリペア紀行 膳鮃診断編〜】

ま!まさか。。。

こいつが。。。

こいつがぁ。。。

こいつが入荷してくるなんて(# ゚Д゚)!?!


でーん。


Mellotron M400S

Wurly's!にやって来たのは昨年の秋。
facebookをご覧頂いていた方はご存じですよね?!?
やっと交換部品等が揃ってきたので、そろそろこの子を若返らせる運びとなりました!

なかなかお目にかかれないMellotron。
これから行うリペアの旅(笑)を、ブログにて少しずつお届けして参りたいと思います★


まずは、健康診断の報告から!


外装は比較的綺麗な状態。
目立った大きな傷が少なく、木が割れているようなところもありません。



ノブはオリジナルがついてます。
特にON/OFFの細長いノブは割れてしまい、別のものに交換されている場合が多いのですが、こちらはオリジナルのまま!これは珍しいヽ(*´∀`)ノ
若干位置がずれていましたが、これはつけ直せばすぐ治りそうです。



鍵盤の状態は。。。ガッタガタ(;´Д`)
押すと戻ってこない鍵盤もちらほら。これは調整が必要です。
鍵盤そのものが腐っているわけではなかったので、そこは不幸中の幸い。

さあさあ〜、いよいよ中身をチェック上蓋オープン!


・・・外装の見た目とは裏腹に、中身は結構なお疲れ具合のご様子。
ホコリがモクモク(;´Д`)押入れの匂いがぷ〜ん(笑)



ホイールを手で回してみる。。。おお、ちゃんと動きますね〜。
ここは大丈夫そうです。



基盤は「CMC10」。
当たり外れがあるらしい〜と噂されている基盤です。この子は如何に。。。

コントロールノブの下、プリアンプを見てみましょう!




わ〜!全く開けられていなかったのか、かなり良い状態です。
部品達もピカピカ☆彡基盤を外してみましたが、半田割れもありませんでした。立派!

では、鍵盤部を外してみましょう!




鍵盤裏。テープを押さえるピンチローラーはだいぶ汚れていて、
半数近くが正常に回っていない状態。。。あらあら(;´Д`)
ここは音に大きく影響する部分なので、しっかりクリーニングする必要ありですね。

鍵盤部を取り除くと、やっとテープのお目見え!




予想はしていましたが。。。やっぱりボロボロ。。。
既に何本かは切れている状態。。。(つд⊂)えーん。
テープローラーも正常に回らないものあり。

ここは特に大事な部分なので、時間をかけて丁寧にクリーニングしていこうと思います!
テープは全て新調して張り直しです。

気を取り直して、下蓋を外してみましょう!


左側に電源部、右側にテープカートリッジ部。
電源内部は問題なかったのですが、電源ケーブルの差し込み口(インレット)が
何故か?なくなっていました(゜д゜)ぽかーん。
今後市販のものを取り付けようと思います。



テープカートリッジ部を拝見。
テープの仕切りやリターンハウジングはだいぶ汚れています。
テープの絡まりを防ぐために、この部分もしっかりクリーニングが必要です!



左下のモーター部。
上からホイールを手で回してみて、モーターの動作を確認。
上下連動して回りました。配線も問題ない様子!


この状態なら。。。よし!電源入れてみよう(゚∀゚ )!
。。。
。。。。
。。。。。
。。。。。。鳴った〜〜〜ヽ(*´∀`)ノ

もちろんヨレヨレの不安定な状態で、鳴らない鍵盤もいくつかありましたが、
音色はあのMellotronそのもの!!!(当たり前)
背筋がゾクッとして、何を弾いてもマイナー調になってしまう不思議(笑)
調整終わったらどんなにいい音になるだろう〜と考えただけでテンション上がります★

これから1つ1つ丁寧にリペアすべき部分を調整&修理していきます!
続きは次回〜。

Tammy


宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181


この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事を検索