LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2015.04.06 Mondayに書かれたものです。
 

Digging at L.A.  レポート1

 

3月末に、ロサンゼルス-ヴァンナイズで行なわれた”Guitar Pedal Expo”の視察を兼ねて、ロサンゼルス(以下L.A.)のEurorack Module(モジュラー・シンセ)のメーカー、販売店、そしてL.A.のスタジオを訪問しました。

数回に分けてそのレポートをお届けしたいと思います。

 

まずは、メーカーNoise Engineering


開発者Stephen氏の制作室を訪問。制作デスク周りはきっちりと整頓され、難しそうな技術書が本棚にびっしりでした。Stephen氏の印象は、新機種の説明はロジック的に無駄無く行なわれ、数学的な解説もあり、天才的な感じでした。

Noise Engineeringのモジュールは先月からWurly’s!で販売しております。現在販売しているのは7種類のモジュールですが、今後毎月新しい機種がリリースされる予定です。それらのモジュールをいくつか試して来ました。


4月発売は、”Numeric Repetitor”。発売中の “Zularic Repetitor”のパターンの違うもの。ズラリックよりストレートなビート中心になっています。

4月末には、Wurly’s!の店頭に並んでいる予定です。


夏ぐらいに発売予定の “Tonnetz Sequent”のサンプル品を持ち帰りました。店頭にてお試し頂けます。ノートの分散アルゴリズムの画像です。


 

今後続々リリースされるモジュールの画像です。オシレータ系が楽しみです。


お問い合わせフォーム






  • MMS
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10