LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2015.08.25 Tuesdayに書かれたものです。
Pittsburgh ModularのオシレーターWaveformsの商品説明を追記しました。

></a><div><br></div><div>先代のVCOモジュールの<a href=Oscillatorよりツマミは小さく、幅は2HP大きくなっていますが天下のDoepfer A-110と同じ10HPなのでOSCとしてはスタンダードなサイズだと思います。

Waveformsには一般的なサイン波・三角波・ノコギリ波・矩形波だけでなく1オクターブ下の矩形波が出力されるサブオシレーターとBLADEという独自の波形出力があります。

BLADEと言われても銃社会のアメリカ生まれのモジュールが一体どんな刀を想像しているのか汲み取れないので、オシロスコープに繋いで実際の波形を動画で見てみましょう。

オシレーターの出力を直でミキサーに入れて撮ったせいでビシュビシュなっていますが、実際はもっとクリーンに鳴ります、音は参考程度に思ってください。

BLADEの波形はPWとBLADE CV・BLADE INという3点のパラメーターで音色が決まります。
動画ではPWをマニュアルコントロールした後に外部LFOの三角波のPWMアッテネーターを上げてています。
その後にBLADE CVにも同じLFOの三角波を入力してアッテネーターをあげ最終的にPWMとBLADE CVを同時にかけてわちゃわちゃさせいます。

PWはマニュアルコントロールがセンター位置でノコギリ波のような波形になり左右にふることで片方の山が変化していきます。
BLADE CVは外部CVによって二つの山が上下にジグザグしていき、CVが大きくなると波形の頭がクリップして平らになります。

最近のオシレーターモジュールは基本波形以外の波形を持つものも多々あるのでそういったモジュールを組み合わせるとよりバリエーション豊かな音作りができて楽しいと思います。

Wak

お問い合わせフォーム






  • MMS
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10