およそ半年ぶりのWurly's!主催のモジュラーシンセイベント。
「 Modular Wonderland 2」が2015.10.18に宮地楽器 Zippal Hallで開催されました。

当日はたくさんのご来場まことにありがとうございました。
今回はライブオンリーのイベントとなり5組のアーティストに演奏していただきました。
演奏中はモジュラーシンセを使用するVJが幻想的かつサイケデリックな映像を楽しませてくれました。

イベント当日のダイジェスト動画がコチラです。


当日の出演者の機材画像を紹介します。


ライブ中にステージ中央に設置されたスクリーンで数々の映像美を見せてくれた
Ethan Drown Hurlburtのセットです。
LZXとDave Jones Designのビデオ系モジュールを中心に組まれたシステムは自作の電源付きケースにマウントされています。
モジュラーだけではなくVJミキサーや会場に設置したカメラのリアルタイム映像を駆使してアーティスト毎に異なった雰囲気を醸しだしてくれました。
PAよりライブ中の音を送り音と映像がリンクするシーンもありました。


トップバッターのisei ben氏のセットです。
幾重に重ねられた音の壁の裏で鳴るガムランのような金属音が印象的でした。
Makenoise,4msの最新モジュールやmodcanのタッチパネルSEQ等が目を引く豪華なシステムです。


当店でも販売中のブランド「Hikari INSTRUMENTS」のモジュールを製作しているpikamachiさんのセットです。
最初は陽気でリズミカルな雰囲気からオリジナルの傾きによりCVを出力するコントローラー「pendulum」を駆使した怪しげな奏法で観客の目を惹きつけました。
自身で使うために作られたオリジナルモジュールと元々はミキサーだったものを改造したモジュール用ケース等個性あふれるシステムでした。



「X-Fade Modular」の製作者Kaz_x氏のセットです。
ミキサーケースにマウントされた12UのシステムとPittsburgh Modular Cell90を使った一人あたりの使用モジュールが最多の演奏でした。
近日発売予定の4HPの小型SEQモジュールや自身用に作られたアッテネーター付きマルチプル等もマウントされています。
12Uのメインセットは上2段にはSEQとEnvの音が出ない系モジュールがビッシリとマウントされ、音は下段とCell 90から鳴っていました。
モジュラーシンセらしいライブで音と映像のコンビネーションが印象的でした。


電子海面の深澤氏のシステムです。
いかにトリガーをモジュレーションするかにこだわり続けておりG8,QCD,SCM,Triggerman,Math,double andore,Game System等を駆使したリズミカルな演奏をされていました。
会場ではサンレコ11月号でのモジュラー特集を見たというお客様に声を掛けられるシーンもありました。


電子海面の中山師匠のシステムです。
モジュラーシンセと一緒に自身で改造されたDark Energyとサイドウッドを取り付けたSQ-1など駆使しつつElements,DPO,tELHARMONIC,Shapeshifterから様々なサウンドを出していました。
演奏中は笑顔もこぼれとても素晴らしい演奏をしていただきました。


電子海面の音の支配者、永井氏のミックス画面です。
二人のモジュラーシンセの音をミックスし、リアルタイムにコンプを掛けたりイコライジングを行い会場を音で包みました。

電子海面としての演奏はおよそ半年ぶりということでしたが、三位一体のまとまりのある演奏で観客を引き込むすばらしい演奏でした。



イベントのトリを務めていただいたMasaaki Enatsu氏のセットです。
黒いケースはお知り合いの家具職人に頼んでオーダーメイドのプロトタイプのケースです。
コンパクトなケースにはキャラクターが違うオシレーターのDNA Symbiotic WavesとZ-3000mk2がマウントされスペーシーなサウンドを出し、イントロではDoepferのケースに入っているTalking Synthが活躍していました。
Beat Stepと同期させたRhythm Wolfから出る大音量で鳴らしたキックは存在感バツグンでした。


今回は合計五組に演奏をしてもらいましたが皆違った雰囲気の演奏を披露されとても素晴らしい内容でした。
あまり頻繁に開催ができていませんが、観客としてだけでなく我こそは!という出演者希望の方も大歓迎です。

モジュラーシンセのライブはその瞬間でしか聞けない音、その場所でしか聞けない音があります、時期は未定ですが次回開催の際は是非会場にてモジュラーシンセの音を体験してください。

Wak

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181

この記事のトラックバックURL
トラックバック