スタッフブログ

Tokyo Festival of Modular 2017 開催

毎年開催される日本最大級のモジュラーシンセイベント!!

Tokyo Festival of Modular 2017が開催されます!

 

2017.11.18(sat)19(sun)

・展示・デモンストレーション

12:00~17:00 Red Bull Stuidios Tokyo

・ライブ・コンサート

17:00~22:00 Contact Tokyo

 

1日券      :¥3,000税込

2日通し券:¥5,000税込

※Red BullとContact両方に入場可能

 

数々の海外メーカーの方が来日し製品のデモンストレーションを直接してくれたり、数々の著名アーティストのスペシャルライブありと今年も盛り上がることが期待できます!

 

今回は初来日メーカーをご紹介!

今年も多くのメーカーが来日して展示される予定です。

その中で今回初来日のメーカーをご紹介〜

 


1010music

大きなタッチパネルを装備したサンプラーモジュールを作っている1010musicです。

サンプラーのbitbox、エフェクターのfxbox、4ポリ(!)のシンセSynthboxの三種類がラインナップされていますが、全て同じインターフェースでデザインされておりソフトウェアの書き換えで一つのモジュールを持っていれば機能を入れ替えることができるというデジタルならではの利点を活かした大型モジュールのブランドです。

元々はソフトウェアの開発を行っており過去の作品ではTraktor DJ等があります。

 

Black Corporation

CS80のクローンアナログ音源Deckard’s Dreamを発表した謎のメーカー

4Uサイズのラック音源となり、なんと重さは4.8kgとオリジナルの1/17の重さに!! 笑

OLEDを装備したプログラマー部分は256のプリセットメモリーがあり、ポリ・アフタータッチとポリ・ピッチベンドに対応。

会場で展示されるのが楽しみです。

 

Cat Full of Chosts!!! Electronics

サイケデリックなデザインのホームページのオーストラリアから参戦のメーカーです。

現在何かを開発中のようですが、どんなものが展示されるかは当日までのお楽しみ。

 

Eowave

ライトセーバーのような光るRibbonシンセが印象的なおフランスのメーカー

未発売のスタンドアローンシンセQuandrantid Swarmの展示を期待していますが一体何が展示されるのか期待です。

 

Metro Modular

オーストラリアメーカーの一つMetro ModularはMuff Wiggler等でDIYのフォーラムを見て自分も回路を設計してモジュラーシンセを作りたいという思いから立ち上げられたメーカーです。

全て10HPでサイズを統一したCapricorn Seriesはクラシカルながら丁寧な作りをしていそうです。

 

Oscillosaurus​

同じくオーストラリアのOscillosaurusはMutable Inst.の交換用パネルを作っていたりDIY初心者にも優しそうなキットのモジュールがラインナップされています。

 

WORNG

オーストラリアチーム最後のWORNGはシンプルな回路でMS(ミッド/サイド)処理を行えるLRMSMSLRという隠しコマンドのような名前のモジュールが代表作です。

現在開発中の新モジュールVector Spaceはより立体的に音像を動かすことができそうなデザインで興味があります。

 

 

Zlob Modular

コンパクトなモジュールを色々とリリースしているZlob ModularのOnur Zlobnickiは今回のTFOMのライブの出演もします。

幾何学的な模様が描かれたパネルデザインが特徴的で9月に行われたKnobconでは4HPのデュアルVCOを発表していたので要注目です。

 

以上が初来日予定のメーカーです。

たまに日本でもユーザーを見かけるメーカーや名前すら聞いたことのなかったコアなメーカー等がどんな展示を見せてくれるのかとても楽しみです。

 

上記で紹介した以外にも4ms,Malekko,Industrial Music Electronics(Harvestman)等の常連メーカーも来日され、3年ぶりにAtomo Synthもペルーからはるばるやってくるそうです。

 

さらにメーカーだけでなく豪華海外アーティストも来日!

Baseck、SARAH DAVACHI、TAYLOR DEUPREE、そして個人的注目は機材紹介動画でおなじみの鏡の中インストラクターCUCKOOです 笑

日本からもPhew、GALCID等の女性アーティスト特集ライブが行われ例年とは一味違う感じになりそうです。

 

会場はRed Bull Studios Tokyoなので間違えて六本木に行かないよう注意です!

Wurly's!も両日ともに大量のモジュラーシンセを持ち込み展示をしていますので来て見て触って聞いてのモジュラー三昧な2日感を是非お楽しみください。

 

Wak


この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事を検索