スタッフブログ

モジュラーシンセのHPとは?

ユーロラックモジュラーシンセのスペック欄に必ず書いてある"○◯HP"という単位、これは何を意味するのか?

今回はそんなモジュラーシンセ未経験者の素朴な疑問に応える"HP"についての説明記事です。

HPとはHorizontal Pitch(ホライゾンタル ピッチ)の略称で日本語で言うと水平ピッチです。

 

19インチラック機材の垂直方向(縦方向)のサイズを"1U,2U"と呼ぶように、水平方向(横方向)のサイズの呼称です。

1HP=0.2インチ=5.08mmとなりユーロラックモジュラーシンセの横幅は4HP,8HP等と呼ばれます。

ドイツではTEとも呼ばれTeilungseinheitの略称です。

 

Doepfer・Analogue Systems・Analogue Solutionsくらいしかなかったユーロラックと呼ばれるのも珍しかった初期の頃は19インチラックにマウントするタイプのモジュール用ケースが主流で、ケースのHPサイズは84HPが長い間スタンダードなサイズでした。

 

その後、Doepferが出した巨大なモンスターケースシリーズで倍の168HPというサイズが生まれ、昨今のケースの様にフタをして持ち運べるポータブルタイプのケースサイズがMonorocket・Enclave等から発売され、19インチラックにマウントする必要がなくなってきたので23インチラックサイズに相当する104HPというサイズも選択肢の一つとして定着しました。

 

変則的なサイズとして28HP、32HP、48HP、90HP等の小型・中型ケースも発売され現在ではメーカーによっては適当なサイズのケースも多く見られます。

 

規格がされているサイズなので一般工業部品でマウント部分のレールもモジュラーシンセメーカー以外からも販売されており、一般的な84HPサイズとその半分の42HPの二種類はタカチ等で部品売もしています。

 

そんなハーフラックサイズの42HP以内に使用モジュールを限定しモジュラーシンセの動画を投稿する動画コンテスト

Half Rack Challengeを2017年10月30日12時(正午)まで開催中!

 

動画をアップロードしてあるこちらのプレイリストを是非チェックしてみてください。

 

Wak


この記事のトラックバックURL
トラックバック

記事を検索