2017.02.04 3回目となるモジュラーシンセのライブイベントModular WonderLand 3が開催されました。
来場いただいたお客様と出演者の皆様ありがとうございました。

今回は昨年末に六本木で開催されたTFOM主催のTokyo Festival of Modular"Cafe Deluxe"に出演されたアーティストに出演していただきました。
世界から注目されている日本で活動をしているアーティストの演奏を機材も交えて振り返ってみましょう。


ユーロラックのモジュラーシンセを初めたいけどケースをどれにすればいいのかわからない!!
そんな声に応えるためWurly's!で販売しているケース系を一挙にご紹介しましょう。


シンセの機能として比較的ポピュラーなSample & Holdについてのお話。
大体の場合S&H=ランダムみたいな扱いをされていますがそれだけじゃないんですよという事を語ります。


宮地楽器Wurly's!主催のモジュラーフリークの為のモジュラーライブ!第三弾!!
MODULAR WONDERLAND 3 (モジュラーワンダーランド 3)開催が決定!!


年々注目されているモジュラーシンセ、いったいそれをどういう風に使っているのか?
そんな疑問を各プレイヤーに直接ぶつけたり、実際のパッチング&パフォーマンスアクトを間近で見ることができます。

 

今回イベントのチケットはWurly's!店頭にて無償配布!!ご来店の際は店頭スタッフへお声掛けください。

モジュラーシンセを触りに店頭に来がてら是非チケットをお持ち帰りください。

 

*整理券の数には限りが有ります。お早めに店頭にお越しください。
*整理券の配布はお一人様1枚とさせていただきます。


 

年が明け間もなく開催されるNammでも盛り上がりを見せることが予想されるモジュラーシンセ。

今年はどんな製品が発表されるのかいまからとても楽しみですね。


Nammに先立ち、Wuly's!では2017年1月7,8,9日の三日間、日替わりのモジュラーシンセ種類別店頭セールを開催します。


モジュラーシンセはシンセだけでなくエフェクトモジュールもあるんです。
なので単純に外部の音を入力して加工するということもできます。
今回はスタンダードなエフェクト系モジュールの数々を紹介しましょう。

 


今回はモジュラーシンセの醍醐味の一つSequencer(シーケンサー)モジュールをご紹介。
フレーズだけでなくリズムを作るのもまたシーケンサー、CVシーケンサーとGateシーケンサーを種類別に紹介していきます。


 

モジュラーシンセを使う上で重要なモジュレーションソースのEnvelope(エンベロープ)モジュールを一挙にご紹介。


無意識にシンセを構成するような順番で記事を書いていたので今回はエンベロープ・ジェネレーターのPico EGの解説!

 

 

Pico EGはアタック・ディケイ(AD)/アタック・サスティーン・リリース(ASR)タイプのエンベロープ・ジェネレーターです。
EGってADSRのことじゃないの?違います、EGの一種がADSRです。
そんなPico EGのご紹介です。


一般的なシンセを触っているとEnvと混同されがちなVCA、今回はPico VCAの解説とVCAについてつらつらと語ります。

 

 

Pico VCAはジャックしかないシンプルなデュアル・VCAモジュールです。
よく「VCAって何をするものですか?」という質問をされるので今回はなぜVCAが必要なのかということもあわせて解説します。

続きを読む >>

記事を検索