こんにちは。
Wurly's スタッフのヤナギダです。

今日は梅雨の雰囲気もどこへやら というくらい 
さわやかな晴れ模様となりました。
絶好のお出かけ日和ですね。


さて、本日は皆様に素敵なお知らせがございます。

SCN_0003.jpg

宮地楽器創業95周年記念コンサート
「PYRAMID Special Live 」 のお知らせです!

あの奇跡のユニットがついに動き出します!
宮地楽器創業95周年記念コンサートとして、奇跡のユニット「PYRAMID」が多彩なゲストを迎えて、
一夜限りのスペシャルなパフォーマンスをお届けします。

【開催日】2011年7月3日(日)開場:17:30/開演:18:00
【会場】なかのZERO/大ホール
東京都中野区中野2-9-7(中野駅南口より徒歩8分)
【チケット料金】 1F席:7,350円/2F席:6,300円 (全席指定)

出 演:ピラミッド(鳥山雄司G/神保彰Dr/和泉宏隆Key)
ゲスト: 本田雅人(Sax) TOKU(Vo/F.Hr) 鳥越啓介(B)鈴木雄大(Vo)
お問い合わせ、詳細はこちらです↓
http://www.miyajimusic.com/event/pyramid/


ファンならずとも興奮してしまう、超豪華なラインナップですよね。


そしてなんと、 Wurly's でピアノをご購入になられた方には
こちらのライブのご招待券をペアでプレゼントいたします!

こちらのライブではエレクトリックピアノの音色もお楽しみいただける予定となっております。
ぜひこの機会に、甘く華やかエレクトリックピアノの音色とともに
3人と多彩なゲストが織りなす奇跡のグルーヴを体感してください。

奇跡のユニット「PYRAMID」が、多彩なゲストをお迎えしてお送りするスペシャルライブです。
ぜひこの機会にお聞き逃しのないように!




(ヤナギダ)


 こんにちは。
Wurliy's スタッフのヤナギダです。

今日は新しく
エレクトリックピアノグッズのコーナーが出来上がりました!

CIMG0017.JPG

愛らしいElectric Piano(エレクトリックピアノ) でサウンドだけでなく
ライフスタイルまで彩ってしまいましょう!



CIMG0020.JPG


CIMG0019.JPG

Tシャツは Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー) はもちろんのこと、
Wurly'sオリジナルTシャツも取り揃えた豪華なラインナップ。
きっとお好みの一枚が見つかるはず!




CIMG0018.JPG

その他にも Wurlitzer(ウーリッツァー)のイラストが入ったトートバッグもご用意!
可愛らしいデザインが魅力的ですよね。

昨日アメリカから届いたホットな商品ばかりです。
ぜひ皆様のライフスタイルに一花添えてみませんか。





(ヤナギダ)

 CIMG0005.JPG


こんにちは。
WUrly's スタッフのヤナギダです。
本格的に梅雨がやってきた。
そんな雰囲気を思わせる一週間でした。

そんな中、当店にはアメリカから素敵なものが届きました。
「Rhodes(ローズ)」のロゴやエレクトリックピアノのイラストが入ったTシャツや
トートバックなどがやってきたのです。

CIMG0011.JPG

写真に映っているのはエレピのイラストが描かれたマグカップです。
楽器としてのエレクトリックピアノももちろんですが
この愛らしいルックスで、皆様のライフスタイルを華麗に彩ってみてはいかがでしょうか。



ところで
エレクトリックピアノといえば、やはり「Black」という印象が強いのではないでしょうか。
Suitcase(スーツケース)、Stage(ステージ)・・・やはり皆様「Black」です。
しかしその昔、
Fender Rhodes(フェンダーローズ)期に
「シルバートップ」のモデルがRhodes(ローズ)にも存在しました。
それをモチーフにして作られたのではないかと巷で噂になっているのが
先週からご紹介しています「Vintage Vibe(ヴィンテージ ヴァイブ)」!

CIMG0007.JPG

今週はその「シルバートップ」を意識してシルバーのリッドをかぶせてみました。
・・・と言っても以前にご説明していなかったかもしれませんが、
このリッド、着せ替えをすることができるのです!
本体についているリッドはもちろんですが、お好きな色のリッドのみでも販売をすることができます!
今までのエレクトリックピアノにはなかった、まったく新しい発想ですよね。


さて
ルックスを彩るリットにはSparkle(スパークル)のものとノーマルのものがあります。

CIMG0015.JPG
(こちらはノーマルのものです。)

CIMG0010.JPG

こちらがSparkle(スパークル)のものです。
写真ではなかなか表現しきれないのですが、単にラメが敷き詰められているだけではなく、
ラメの一つ一つに奥行があるのです。
これがステージでスポットライトを浴びると、
ライトの角度、色が違うだけでまったく違った表情を見せてくれます。
このカラーリングも工房Vintage Vibe が自らの手で完全ハンドメイドで行っているのだから…
なかなか奥の深い仕事をなさっています!

そのほかの色としては

CIMG0013.JPG

73keys のゴールド と  64keys のオレンジが店頭にはございます。
しかしカラーバリエーションはこれだけに留まらず、多種多様にございます。
当店にはカラーチャートがございますので、お探しの色がございましたら
お気軽に声をかけてくださいね。


すごいのはルックスだけではありません。
音についてもなかなか奥深いものがあるのです。

音の感触としては、(私個人の感触で大変恐縮ですが…)
「Rhodes Mark1の音が21世紀にタイムスリップしてやってきた」といったところでしょうか。

ヴィンテージピアノの音色が持つ独特の時代感をうまく現代仕様に変えながらも
Rhodes Mark1の持つ華やかで甘みのある雰囲気はそのまま引き継いでいる…
これもまた奥の深い仕事をなさっています…素晴らしいです。


商品ページはこちらです↓
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/vintagevibe.php


なかなか言葉では伝わりにくいものだと思いますが、
気になって仕方ないという方は、ぜひこの週末にお店に遊びに来ていただきたいと思います。
ぜひ直接、お手を触れて体感してみてください。
見た目にも音にもキラキラと輝いているVintage Vibeと共に
我々一同、皆様のお越しを心からお待ちしています。




(ヤナギダ)

記事を検索