スタッフブログ

Pico Drumsエディター内蔵メーカーサウンドパック!!

Pico Drumsエディター内蔵メーカーサウンドパック!!

 

Erica Synths Pico Drumsの専用エディターにはデフォルトのサンプル以外にもRicard Devine,Baseck等のアーティストが作ったサンプルパックが有るのをご存知ですか?

今回Baseckサンプルパックを使用した動画をアップしました!

 


SEQUENZ キーボードスタンド セットアップ

新ブランド SEQUENZ キーボードスタンドが入荷! 店頭展示セットアップしてみました。

 

入荷時、梱包サイズはこんな感じ

 

 

キッチリ厳重な梱包

 

 

中身を取り出しました。本体以外は、6ヶ国語の組み立て説明書のみ。

 

 

今回展示は、Standard - M - SV。スタンダードシリーズの76keyまでのM、銀色SVです。

 

 

シリーズのラインナップは、現在4種類。

サイズは61key用のS、76keyまでのM、88keyまで対応のL。

カラーは、銀色系、アルミとクロームメッキ・スチールのSV。黒色系、アルミのABK。

STD - M - SV

STD - L - SV

STD - S - ABK

STD - L - ABK

 

組み立て開始

まずは、足接地部分の三角を作ります。広げてカチャっとするだけ。両サイド行います。

 

両サイドの下部を、横パイプで接続します。

このシリーズで便利なのはこれら接続の固定に、クイックリリースなるものが使われています。

工具無しで簡単にしっかりと固定のできる機構です。レバーが開いている状態で、パイプを差込ます。レバーの逆側のネジを手で軽く締めてから、レバーを倒すとギュっと固定できます。

 

 

筋交いつっかえ棒を固定。これで自立できる様になります。

 

 

棚の部品(ティア)を取り付けます。これも簡単、ハンドルを回していくだけ。

 

 

棚の高さ調整は、外側の黒い手回しネジを緩めて行います。程よい高さにできたらギュっと締めます。

手で回して締めているだけなのに、キチッと固定できています。

 

 

ティア(棚)に、黒いプラスティック樹脂性のキーボードホルダーを取り付けます。

斜めに置いてから、ティアに対して垂直になるよう回転させると、キュッポッと固定されます。

 

 

あっという間に組み立て完了。

 

 

重いのが当たり前のヴィンテージシンセを乗せてみました。約29kgのYAMAHA CS70Mです。

高めの位置に設置しましたが、すばらしい安定感。

 

 

上下にこれだけ余裕があれば、拡張でもう1段増やしたいところです。

 

 

SEQUENZ / STD-M-SV

■外形寸法:W 1,440 x D 600 x H 1,100 mm
■内幅(搭載可能幅):1,320mm
■質量:8.5 kg

販売価格等の詳細、ご注文はこちらへどうぞ

 

 

 

 


Moog/SONIC SIX【Vintage】

Moog SONIC SIX

Moog/SONIC SIX

珍しい商品が入荷してまいりました!1972年から1979年にMoog Musicによって製造されたデュオフォニック・ アナログ・シンセサイザーです。このルックスにヤられる人は多いのではないでしょうか!?

続きを読む >>

記事を検索